気持ちを込めた案内状|式を挙げるときの服装|結婚式の衣装レンタルサービスを活用

式を挙げるときの服装|結婚式の衣装レンタルサービスを活用

男女

気持ちを込めた案内状

カード

気持ちを込めたご案内

結婚式の招待状は、日頃からお世話になっている方への結婚式へのご案内なので、失礼がないようにマナーを守って作成します。結婚式の招待状は、結婚式場や専門業者に作成を依頼する場合と自分達で手作りする場合があります。紙質や色、文字のフォントやデザイン、文章など招待状だけでも決めることがたくさんあります。手作りする場合は、時間と手間がかかり大変ですが、新郎新婦のお招きしたい気持ちを込めて作った招待状は思い出に残る記念になります。招待状の返信は、結婚式の一ヶ月前には揃えておきたいので、遅くても結婚式の二ヶ月前には発送しておきます。招待状は、結婚式を行うための重要なアイテムなので、気持ち良く式に参加してもらえるような気配りが必要です。

マナーを意識して作る

結婚式の招待状は結婚する二人のイメージに合ったものが理想ですが、様々なマナーがあるので相手に失礼がないように心掛けて作成します。文章は区切りを意味する句読点の代わりに、一文字分の空白をあけますが、これは結婚に終止符を打たないという意味があります。また、忌み言葉など再婚や別れを連想させる言葉は結婚式の招待状には縁起が悪く使わない言葉です。結婚式場の名前などは、誰でもわかりやすいように横文字や難しい漢字には、ふりがなやカタカナ表記にすると親切です。招待状の中に入れる返信用ハガキには必ず切手を貼り、式の二ヶ月前には発送します。直接渡すことができる人には、封をしていない招待状を手渡しすることが一般的です。