式を挙げるときの服装|結婚式の衣装レンタルサービスを活用

男性と女性

ペーパーアイテム節約術

招待状

結婚式の準備を行うにあたって、オススメの節約術は招待状などのペーパーアイテムの自作です。通販でペーパーを買っておき、必要事項を記入して印刷すれば、手間はかかりますが式場へ依頼するのに比べ費用を格段に安くすることが出来ます。

Read More

日本人ならではの結婚を

新郎新婦

神社挙式は、日本人らしく結婚式を挙げられるということで、若い人たちでも神社挙式を行うカップルが増えています。白無垢にしろ和装にしろ髪型も現代風にアレンジされていて可愛らしくなっています。福岡は由緒正しい神社が数多くあり、交通のアクセスもよいので人気が集まっています。

Read More

気持ちを込めた案内状

カード

結婚式の招待状は、二人の気持ちを込めた大切な案内状なので、失礼がないようにマナーを意識して作成します。結婚式場や専門業者に依頼する他に、自分達で手作りする人もいますが、気持ち良く参加してもらうことを意識した招待状作成が大切です。

Read More

お気に入りを着られます

ドレス

予算以外にもメリットが

結婚式の衣装と言えば、ウエディングドレスを思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。最近では、和装で挙式を挙げて、披露宴の最初にも色打掛などの和装を取り入れる方も増えていますが、やはりウエディングドレスへのお色直しをされる方が多いです。和装はレンタルがほとんどですが、ウエディングドレスもレンタルが大半を占めています。結婚式の主役である新婦には、主役を引き立たせるための衣装の役割が重要になります。結婚式全体での予算もありますし、衣装やヘアメイクなどにかけられる予算も上限があるものです。その中で、より多くの気に入った衣装を着て、新郎を始めとした家族や来賓の方々に見てもらいたいというのが新婦の気持ちではないでしょうか。

カラードレスも視野に

結婚式と披露宴を通じて、ドレスを着るのであれば白のウエディングドレスを外すことはできません。しかし、カラードレスも捨てがたいのではないでしょうか。多くの方にとって、カラードレスを着る機会はほとんどないものです。せっかくの結婚式に後悔を残さないためにも、レンタルであればチャンスが広がります。また、結婚写真は、ほとんどの方が前撮りをされると思います。結婚式は思い出に残りますが、写真は形として記念に残ります。写真だけでもたくさんのきれいな衣装で撮影してほしいという方にも、レンタルがおすすめです。数年後に写真を見返す時には、ドレス選びの思い出もよみがえるものです。一生に一度の機会ですので、たくさんの素敵な思い出作りを楽しみましょう。